ローカルSSの平凡なる毎日

EOS5DとIXY700で撮った写真がメインの、平凡な毎日の記録です。

2017-07<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>2017-09
   


ソフトボール物語その2




数年後のある年の、町Pのトーナメント抽選会の直後の事です。

   (その年まで相変わらず、毎年幼稚園チームは黒星を続けていました。)

同じ幼稚園チームの選手がぼくの所に来て、悔しそうに言いました。

「うちと当たる事になったチームが、一勝は決まったぞ、幼稚園が相手だからって笑ってます。」

IXY_20090607_004



確かに、その年当たるチームに勝った事が無いのは、ぼくが1番知っていましたし、優勝候補です。

でもね、ぼくたち勝ったんです。

初めての初戦勝利、みんなほんとに嬉しそうでした。

勝ち負けに躍起になるのは本意じゃないんだけど、あの時のみんなの笑顔は忘れられません。



で、今日の町民ソフトボールなんですけど・・・。

昨夜、連絡があり、今回はピッチャーが揃ったので、来てくれなくても結構ですとの事。

ちょっと、寂しいオチになってしまいましたが、そろそろ引退の時期なのかも知れません。

IXY_20090607_007


ソフトボール物語その1




秘密の投球練習、初公開。

と言っても、スタンドでしてるので、実際は逆に目立っているのですが・・・。

明日はいよいよぼくにとって年に1度の、ソフトボールの試合です。


毎回、本当に嬉しいのは、当日まで息子たちがキャッチボールの相手をしてくれる事です。

超多忙なナンナンまで、試合前日の今日は駆けつけてくれました。

骨折中のマーちゃんは、危険なバッター役を買って出てくれました。

写真が撮れませんでしたが、COOもいっぱい受けてくれました。

EOS_20090606_005



野球経験も無いぼくが、ソフトボールのピッチャーを始めたのは、もう19年も昔の事です。

当時、次男の幼稚園の役員をしていたぼくは、軽い気持ちで練習試合のピッチャーを引き受けました。

町PTAの練習試合で選手(主に野球経験者)が足りなかったためです。

結果は、17個の連続ファーボールで早々にマウンドを降りました。

EOS_20090606_007



その時は、「よくこんな遠くからストライクが入るもんだ」と思っただけだったのですが、

役員として町Pソフトに関わって分かった事は、・・・幼稚園チームが毎年一番弱いと言う事です。

そしてその理由も分かってきました。

他の小学校や中学校には先生を含め、剛速球を投げるピッチャーがいるのに、

当時2クラスしかなかった幼稚園の親御さんには、ピッチャーさえいないと言う事です。

EOS_20090606_011



幸い、あと幼稚園の選手として当時のぼくは、6年もチャンスがありました。

つまり、3男、4男、5男が続いて幼稚園に入るからです。

ぼくは、とにかく幼稚園の無勝神話を崩すべく、スタンドの壁に向かって投げ続けました。

EOS_20090606_014



ナンナンと入れ替わりに、子守を終えた2男の数も、キャッチボールの相手をするため来てくれました。

EOS_20090606_021



みんなのおかげで、丸1年間ボールさえ持たなかったのに、元の球が投げられるようになりました。

ほんとに、最高のファミリーに心から感謝です。

EOS_20090606_022


| HOME |

ブロとも申請フォーム



メールボックス新設しました!
Powered by NINJA TOOLS




FC2Ad



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 犬ブログへ