ローカルSSの平凡なる毎日

EOS5DとIXY700で撮った写真がメインの、平凡な毎日の記録です。

2017-07<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>2017-09
   


2016年10月18日(火)・・・3作目の革ブレス




    革ブレスレットの3作目が完成しました。

    両面カシメとギボシを、ゴールドからアンティークゴールドに変更。

S95_20161020_001.jpg



    コバは、こげ茶系の塗装を施しました。

S95_20161018_019.jpg



    止め具のギボシは2個にしたので、調節可能です。

S95_20161018_024.jpg



    下から、1作目、2作目、3作目です。

S95_20161018_022.jpg


2016年10月12日(水)・・・ギボシ&カシメ



    楽天に注文しておいた、ギボシとカシメが到着しました。

EOS_20161012_013.jpg


2016年09月28日(水)・・・コンチョ交換




     コンチョを、交換してみました。

EOS_20160928_021.jpg

EOS_20160928_022.jpg


2016年09月26日(月)・・・2本目、完成



     革ブレスレット、2本目完成です。

S95_20160926_029.jpg


2016年09月26日(月)・・・革のブレスレット、作成




     シンプルな革のブレスレットを、作ってみました。

S95_20160926_001.jpg

S95_20160926_002.jpg

S95_20160926_005.jpg

S95_20160926_008.jpg

S95_20160926_009.jpg

S95_20160926_010.jpg

S95_20160926_011.jpg


2016年05月25日(水)・・・革製ペン立て?



  
    カードリーダー用の革ケースを、ペン立て代わりにしてみました。

S95_20160525_002.jpg




2015年05月05日(火)・・・革の整頓




    数年間、控え室に放置しておいた革たちを・・・

S95_20150505_005.jpg



    選びやすい様に整理して・・・

S95_20150505_009.jpg



    リフト室に移動しました。

S95_20150505_011.jpg

S95_20150505_015.jpg


2014年03月02日(日)・・・本革インソール作成



    アキレスのゴム長靴用に、3mm厚の本革でインソールを作ってみました。

S95_20140302_003.jpg

S95_20140302_007.jpg

S95_20140303_002.jpg


思い出の山小旧校舎

今日は、紅葉祭りの最終日です。

今回だけは、どうしても見に行きたい展示作品があったのですが、仕事のため行けませんでした。
その作品とは、ご近所の林良介氏作製の、母校山上小学校の旧校舎の模型です。

昨夜、給油に来られた作者の林さん本人から教えていただき、どうしても見たくなってしまいました。
なんと、林さんにとって初の作品で、製作日数は160日、材料はダンボール紙が主との事。

給食が苦手のぼくにとっては、2年生から新しくなった給食室付きの新校舎よりも大好きな校舎でした。
最期の年だったため、板張りの廊下に穴は空いていましたが、木造の魅力的な校舎でした。

祭りの終わる午後3時が過ぎ、仕事を中断して見に行かなかった事を後悔していると・・・。
なんと、林さんが模型を持って来て下さいました。

この模型は、きっと、この校舎で過ごした、全ての人達にとって、本当に見たかったものだと思います。
今回、知らずに見逃した方に、是非見ていただきたかったので、写真を撮らせていただきました。

昭和38年に消え去った、あの美しい校舎が、ここまでリアルに再現されています。

IMG_9233.jpg

林さんが、模型の屋根を外すと・・・。

IMG_9238.jpg

教室まで、リアルの再現されていました。

IMG_9239.jpg

想像をはるかに超えた、素晴らしい作品でした。
全て、記憶で作られた事も、真似出来ない凄い事だと思います。
でも、もっと感動したのは、消えていった母校に対する林さんの、思い入れと愛情です。

どんな小さな部分にも、林さんの心がこもっているから、こんな素晴らしい作品が出来たんだと思いました。



旧校舎の画像、まだまだあります。
もっと、見たい方は、こちらのページにどうぞ。




特大バックルの手入れ



いつも使っている特大バックルが汚れてきたので、手入れする事にしました。

IMG_1915.jpg

今回はいつもの過程に、車用の液体ワックスも使い、仕上げは微量のコンパウンドです。

IMG_1919.jpg

バックル周りのベルトや、手作りの革製品も、ついでに手入れしました。
今回は、クレポリメイトで軽く拭いただけです。

IMG_1922.jpg


詳しい手入れの方法は、こちらから見れます。 


3ヶ月ぶりに、靴底修理完了

7月30日、接着剤で靴底を留めたままだったトニラマの仕事用ブーツ。
今日、やっと仕上げをする事が出来ました。

IMG_1858.jpg

後はシニュー糸で縫うだけだったのですが、なかなかその気にならない間に、3ヶ月も経ってしまいました。

IMG_1867.jpg

やっと、4分の1縫い終わりました。
本当は、素晴らしいお天気なので、バーベキューをしたかったのですが・・・。

IMG_1878.jpg

やっと完成、ほんとは交互に履いてやらないといけないのに、フライはよく耐えてくれました。

IMG_1882.jpg

もっと詳しい手順を知りたい方はコチラのページにどうぞ。




ウェスタンバックルの手入れ方法

ぼくは、いつも大き目のジャーマンシルバー製ウェスタンバックルを愛用しています。
でも、出番の少ないバックルは、どうしても酸化してきます。

今回は、ぼく流の手入れ方法で、ピッカピカにしたいと思います。
この方法は、他の金&銀製品にも応用できるので、覚えておくと便利です。


まず、最初の状態です。

IMG_8865.jpg

固形石鹸を泡立て、手の平でよく洗います。
金の喜平ネックレスなどは、この段階で終了します。

バックルの場合は、さらに泡をつけて、柔らかい歯ブラシで磨きます。
これだけの作業で、表面の曇りはほとんど取れます。

IMG_8868.jpg

今回は、ごく少量のコンパウンドで、仕上げました。
ただ、コンパウンドは、エッジを丸くしてしまうので、出来るだけ使わない方がいいと思います。

IMG_8869a.jpg


幻の鋲 復活

これ、何だか解りますか?

いつの間にか消えてしまった、革靴のかかとに打つ鉄製の鋲です。

高校時代、初めて革靴を買ったとき、打っていただいたのが初めての出会いでした。

近代化に伴う道の変化(例えば地下街など)で、滑って大怪我をする人が多発したため
生産中止になった様だと、靴屋さんに教えていただきました。

片減り防止もそうですが、この「コツ!コツ!」って響く音が、素晴らしいんです。


そんな話をしていたら、友人の天才職人しげちゃんが、ハンドメイドで作ってきてくれました。
「欲しい人いっぱいいるから、もっと作れない?」ってしげちゃんに聞いたら、

「左右1組作るのに、1時間かかるんよ」 ・・・しげちゃん、本当にありがとう!


IMG_1700.jpg








銀貨のコンチョ発見



伸の部屋を大掃除していたら、
ウォーキングリバティの銀貨のコンチョが見つかったので、
さっそくお借りして、交換してみました。

IMG_1322.jpg


ブーツの底革に穴が・・・。


数ヶ月前、再生したブーツの底に穴が開きました。

IMG_0918.jpg

糸も、底が薄くなったので、切れ始めました。

IMG_0917.jpg

まず、型紙作成です。

IMG_0915.jpg

切り抜く途中で、ほったらかしになっていた革を使うことにしました。

IMG_0916.jpg

ブーツの縫い糸を外します。

IMG_0920.jpg

接着のため、ペーパー掛け。

IMG_0921.jpg

底革を、貼り付けました。

IMG_0922.jpg

千枚通しで、穴を貫通させます。

IMG_0924.jpg

スクレバーで深い溝を掘り、ボンドが乾くまで、数日待ちます。

IMG_0929.jpg



| HOME | NEXT »

ブロとも申請フォーム



メールボックス新設しました!
Powered by NINJA TOOLS




FC2Ad



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 犬ブログへ